2010年02月05日

◆市場拡大と売上利益の急伸を急ぎすぎた日本の自動車メーカー

◆市場拡大と売上利益の急伸を急ぎすぎた日本の自動車メーカー



米国内で販売されていたプリウスのリコール問題は
ざっと22万台を超えているという。


国内においては……
トヨタ自動車のブレーキに不具合があるということで

ハイブリッド車(HV)の新型「プリウス」など
なんとも……4車種のリコール(回収・無償修理)の対象となっている。

HVの「レクサスHS250h」、「SAI」、「プリウス プラグインハイブリッド」など
合わせて計22万3千台余がブレーキシステムが同じであったために
すべてがリコールの対象になっているようです。


 トヨタ車ファンの1人として誠に残念でならない。


先日の技術担当役員の説明によると
車両の欠陥というよりフィーリング(運転感覚)の問題であると
記者会見していたことには驚きでした。


 最近では……プリウスに続いて
「カローラ」「カムリ」などのアクセルペダルの不具合もあり
誠に穏やかからぬことが続いている。


日本の自動車メーカーは
かつての日本車バッシングのとき以上に気を配らなければ
ならない状況にあるようです。

ホンダ、ニッサン、三菱、マツダなど
米国の自動車メーカーの業績が惨憺たる状況の時だけに
他の自動車メーカーは大丈夫なのだろうか。


利益の追求をしたばかりに起きた事故ではないのか……???



「脚下照顧」……各メーカー共に
もう一度現実を見つめてみるべきではないだろうか。

もしかして……以前から現場からは危険だという話があがっていたのではないのか……

そうであったとすると……これは「未必の故意」



┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓ ★┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛★



posted by 寛良 at 23:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【未必の故意】について考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

「未必の故意」は…やっぱり犯罪だ!


◆「未必の故意」は…やっぱり犯罪だ!


牛肉偽装問題…
和菓子の改ざん事件
老舗料亭の不祥事
一連の米騒動など
それぞれの組織の中で
問題が起きた部署に関わる人々は
少なからずその事実を知り得ていたわけで
いまさら知らなかったとは、白々しい限りです。

常識以上に利益が上がると分かった時点でおかしいと気づくはずであり
いつか問題になるだろうと知りつつ
その行為を続けていることは
未必の故意」いがいに云いようがないのです。






◇risk counselor◇リスク・カウンセラー◇risk counseling◇リスク・カウンセリング◇
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
posted by 寛良 at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【未必の故意】について考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

▲(株)洋菓子のヒロタ/「シュークリーム」ラインの一部の洗浄作業が完全でなかったことにより乳酸菌が混入したこと

strong>
▲(株)洋菓子のヒロタ/「シュークリーム」ラインの一部の洗浄作業が完全でなかったことにより乳酸菌が混入したこと


◎このカテゴリーは…
「リスクカウンセラー」の眼で捉えると…
「未必の故意」を防ぐことに…。
その全てが人災であり、起こるべくして起きた問題であり
人災の背景には…その企業の経営モラルが潜んでいると考えられます。
企業が自ら告示した事実を…
時系列的なデータベースとして記録し
その企業の自浄効果を見守りエールを送りたいと思っています。



2007.03.19
読売新聞

■告示タイトル
お詫びと自主回収のお知らせ

■トラブルの内容
シュークリームのカスタードクリームにおきまして、回収品から乳酸菌が検出されました。生産工程のラインの一部の洗浄作業が完全でなかったことにより乳酸菌が混入した。

■問題となる商品
◇回収対象商品について
平成19年3月22日までの消費期限が表示された左記商品
商品名
○オリジナルシュークリーム
(カスタード)(チョコレート)(ツインフレッシュ)(キャラメル)
○ヒロタのシュークリーム
(カスタード)(チョコレート)(いちごミルク)
○クレープ
○ミニキャベツ
○しらゆき苺
○シューミルフィーユ
○しっとりやわらかいプチシュークリームカスタード
○しっとりやわらかいプチシュークリームチョコ
○キャベツ畑
○キャベツ畑(ショコラ)
○プチシュー
○元気はつらつエクレア
○メープルストロベリー
○生シューいちごミルク
○プチ詰め合わせ
○プチキャラメル

■対応
当該洗浄不完全部分について直ちに洗浄殺菌を実施し、又、荷捌き時間の管理が適切に行われるように徹底いたしましたが、万全を期すため商品を回収し販売を一時見合わせとさせて頂きます。
お客様のお手元に左記の回収対象に該当する商品がございましたら誠にお手数ではございますが、パッケージと共に左記送付先まで料金着払いにてご送付くださいますようお願い申し上げます。後日商品代金をお送りさせていただきます。
なお、現在は右記現象が発生した原因は解消したと判断しておりますが、万全を期して、製造を再開した商品について第三者機関にて乳酸薗の検査を行い、乳酸菌の混入がないと確認できた時点で販売を再開させていただきたいと考えております。


■連絡先
03−5213−1205


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
posted by 寛良 at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ◆【未必の故意】について考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

▲斗山ジヤパン(株)/斗山が製造し、弊杜が輸入しております韓国焼酎「鏡月グリーン」1.8mlの一部に、2.4ミリ程度の黒色の小片が混入した


▲斗山ジヤパン(株)/斗山が製造し、弊杜が輸入しております韓国焼酎「鏡月グリーン」1.8mlの一部に、2.4ミリ程度の黒色の小片が混入した


◎このカテゴリーは…
「リスクカウンセラー」の眼で捉えると…
「未必の故意」を防ぐことに…。
その全てが人災であり、起こるべくして起きた問題であり
人災の背景には…その企業の経営モラルが潜んでいると考えられます。
企業が自ら告示した事実を…
時系列的なデータベースとして記録し
その企業の自浄効果を見守りエールを送りたいと思っています。



2007.03.09
読売新聞

■告示タイトル
韓国焼酎「鏡月グリーン」1.8リットル・ペットボトル回収のお詫びとお知らせ

■対象商品と内容
○対銀商品
韓国焼酎「鏡月グリーン20」「同・25」1.8mのうち段ボール箱に記載されている製品コードが、「20K18V」「25K18V」のもの。
商品に印字されているロット番号の左から4桁が次のもの。
「1W7A」「1X7A」「1Y7A」「2R7A」「2S7A」
「2T7A」「2U7A」「2V7A」「2W7A」「0Q7B」
(段ボール箱の製品コードは、側面右上に印刷、商品のロツト番号はボトル底部より5cm上胴位周辺に印字されております)

■対応
お手元に該当する商品がございましたら、左記、J−オイルミルズ健康食品消費者室まで、料金着払いの宅配便にて、お送りいただきますようお願い申し上げます。
後日、商品代金をお送りさせていただきます。今後このような事態が再び発生することがないよう、品質管理体制の一層の強化に努め万全を期す所存でございますので、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

■問い合わせ先
0120−574−310
サントリー梶u鏡月グリーン受付」係


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
posted by 寛良 at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【未必の故意】について考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

▲マルハ(株)/福竹ちくわ(5本入)」賞味期限表示のない商品を販売した


▲マルハ(株)/福竹ちくわ(5本入)」賞味期限表示のない商品を販売した


◎このカテゴリーは…
「リスクカウンセラー」の眼で捉えると…
「未必の故意」を防ぐことに…。
その全てが人災であり、起こるべくして起きた問題であり
人災の背景には…その企業の経営モラルが潜んでいると考えられます。
企業が自ら告示した事実を…
時系列的なデータベースとして記録し
その企業の自浄効果を見守りエールを送りたいと思っています。



2007.03.03
読売新聞

■告示タイトル
お詫びとお願い

■商品と内容
「福竹ちくわ(5本入)」につきまして、賞味期限表示のない商品が、本年2月27日、2月28日に販売された恐れのあることが判明いたしました。

■対応
賞味期限表示のない該当商品を自主回収することといたしましたので、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
尚、本来であれば賞味期限を(07.03.05)と表示すべき商品でした。この期限内であれば品質面で問題はございません。

■対象機種
◇マルハ福竹ちくわ(5本入)で賞味期限表示のないもの
賞味期限欄はパッケージ表面左下にございます。
パッケージの表面に大きく「福竹」と記載されております。
バーコード4901901106418
◇販売地域:東京都・埼玉県・神奈川県・茨城県・栃木県・千葉県・群馬県・福島県

■問い合わせ先
0120−861−708

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
posted by 寛良 at 10:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【未必の故意】について考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。