2018年04月01日

バッタに抱かれて 著/戸渡阿見 たちばな出版

===========================
バッタに抱かれて 著/戸渡阿見 たちばな出版
===========================

172-バッタに抱かれて.jpg

「説教臭いことを言う著者だ」と思った方、特に立ち読みしている方に警告します。この著者の作品は、序文と違って、最初から最後まで、面白くて楽しいのです。第一弾の『蜥蜴』と言う短編小説でも、序文の高度で格調高い論評と、本文の軽薄さとのギャップが、最も面白かったという方がたくさんいたのです。だから、本文に行き着くまで諦めず、他の本に浮気することなく立ち読みを続けて下さい。(本書、序文より抜粋)


posted by 寛良 at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | ■【RFCレポート】手元に置きたい一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

おじいさんと熊 著/戸渡阿見 たちばな出版

===========================
おじいさんと熊 著/戸渡阿見 たちばな出版
===========================

171-おじいさんと熊.jpg

 著者の名は実は…深見東州氏です。 この本をどうするも買った人の自由です。とはいえ、ヤギのエサには厚すぎるし、焼き芋の焚き火に使うにはそれほど燃えないでしょう。かといって、漬物石にするには軽すぎます。出来れば読んでいただき、明るく前向きな気持ちが湧いてくるなら、作者として、この上なく嬉しく思うものです。(文中より)
 一気に読んでしまう心が温まる楽しい本です。
posted by 寛良 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■【RFCレポート】手元に置きたい一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

相続トラブルは未然に防げるはず!

170-円満相続の知恵と対策.jpg

 相続問題におけるリスク回避の要諦は「早期発見早期対策」です。
当社の提携している税理士法人タクトコンサルティングで編集発行している相続対策の冊子です。
 円満な相続対策をするためには、家族全員の智慧が必要になってきます。遺言書の書き方、節税方法、生前贈与、税務署の目の付け所、成年後見制度など、当社が3年前から取り組んでいる空き家問題など、内容は身近なテーマばかりです。
 『たまゆら終活応援ノート』セットにして手元に置いていただくと、更に便利に活用いただけるでしょう。
posted by 寛良 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■【RFCレポート】手元に置きたい一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

国褒めの歌 日本画家 森谷明子著

国褒めの歌 日本画家 森谷明子著

169-国褒めの歌.jpg

静岡県磐田市出身・筑波大学大学院卒の森谷明子さんによる絵本です。80カ国以上の駐日大使館の協力で資料提供を得て、競うことから強調へ、時代の求める地球の未来像に改めて思いを馳せる…。
ふるきよき 日本の心 和の心 言霊にのせ 海渡らしむ
《発行:牧羊舎》A6版 

posted by 寛良 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■【RFCレポート】手元に置きたい一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

満州・阿城県で終戦を迎えた祖父の記録

満州・阿城県で終戦を迎えた祖父の記録

168-祖先が遺したもの.jpg

 私がお世話になっているお客様から戴いた貴重な冊子です。
 昭和52年1月1日に子孫のため一族の系統を始めとし、父上の履歴と自己の一代記などを祖父が87歳の時に書き記した随感録を発見し、その後見つけた複数の随感録を編纂なさった126ページの冊子です。
 終戦が間近に迫ってきた頃や終戦後に約800人の住民を連れてハルピンへ移動する時、病に倒れ亡くなった人々のこと、ソ連兵に追われ逃避行する様子、匿ってくれた満人との人間模様など、帰国までの41日間の重責を担って移動を続けた随感録は凄まじいものでした。終活の中でエンディングノートの活用をお勧めしていますが、直面する問題を考える間もなく身体を張って解決してきたご先祖の行動に感嘆の想いで一杯になりました。

posted by 寛良 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■【RFCレポート】手元に置きたい一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。