2012年06月08日

三浦雄一郎さんの講演に感涙


三浦雄一郎さん.jpg


 今日は、川口市の合同会計事務所の31回牧友会に参加してきました。

 来賓の特別講演は、スキーヤーであり登山家の「三浦雄一郎氏」であった。

 70歳でエベレスト(8842m)に登頂成功をしたのだが、あいにく天気が悪く雲の中となり世界一宇宙に近い山頂からの景観を望むことができなかったという。

 健康上のトラブルを克服しながら、75歳に、二度目のエベレスト登山にも成功し、第1回目で果たせなかった360度の眺望を楽しむことができた。

 そして80歳になる来年も再び、3回目のエベレスト登山に挑戦する準備をしていると言うことでした。
 偉業を果たした登山家の話は理屈なしに引き込まれるモノがあります。しかし、登山家の話を聴くと義弟の姿と重なるモノがあり、感慨無量だ。



 昭和56年(1981)5月9日に世界第3の高峰カンチェンジェンガ(8586m)山田昇氏、片岡邦夫氏・鈴木茂氏・シェルパー1人(隊長:山森欣一)で登頂。同年9月、ナンダカート(6611m)で7人が遭難した中に義弟がいた。

 一行は…日本ヒマラヤ協会の登山隊でピンダリ氷河上の6000m付近に設営した第3キャンプで宿営し、定例のベースキャンプとのレポート交換を終え…「お寝すみなさい…。また明日…」の最後の交信をした後…突然…雪崩に遭遇し、第3キャンプにいた7名全員が…瞬時のうちに雪崩に巻き込まれ遭難死するという悲惨な雪山事故が発生した。


 常日頃、妻と別れることがあっても義弟とは生涯つきあっていきたいと思っていただけに、ヒマラヤの氷河に埋まったまま姿を見ていないこともあり、登山家の講演があると、一言一言が琴線に響き、義弟の無念さがこみ上げるように涙が止まらない。



三浦雄一郎さんが80歳にして挑むヒマラヤ登山の3回目の登山の成功を心から祈ります。




◇risk counselor◇リスク・カウンセラー◇risk counseling◇リスク・カウンセリング◇
=======================================



posted by 寛良 at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【セミナー&講演会】参加録… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

「ほんものの希望が目覚める」青山繁晴氏の講演に感涙

◆「ほんものの希望が目覚める」青山繁晴氏の講演に感涙

川口の「合同会計事務所」の特別講演のテーマは『ほんものの希望が目覚める』

講師は…
株式会社独立総合研究所 代表取締役社長・兼・主席研究員 青山繁晴氏

青山氏の内沸する「日本国民よ!今こそ気づいてほしい!!」と叫び続ける熱い講演は…

私の心の中でためらっていた何かに火をつけてくれた!!



「人は人の為にしかいきられない…」

「なぜ太平洋戦争に突入したのか?」

「自国のエネルギーを持つことこつ第二の太平洋戦争を起こさないことなのだ…」

「公の為に【私】をすてて戦っている人がいる…」

政治家たちの痛烈な批判をしつつも…

国民一人一人が日本を守る為に何をするべきかのか提言は重かった!!!

たくさんの…言い足りない事を残しながら

1時間45分の講演が終わった。

RIMG1821-2.jpg
▲こんなに素晴らしい笑顔をTVでは見たことがなかったが…


RIMG1822-2.jpg
▲懇親会の席で青山氏の著書に為書きをしていただき…記念写真を!


RIMG1828-2.jpg
▲青山氏の胸には、北朝鮮の拉致問題を解決する会のブルーのバッヂが…。


何処かで青山氏の講演があればぜひ聴きに行きたい。

公の為に…

社会の弱者の為に…

私も…もっと…積極的に行動をとりたいと…

熱いものがこみ上げてきた。





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
posted by 寛良 at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【セミナー&講演会】参加録… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

我が社は大丈夫か? すぐにできる倒産防止総点検

我が社は大丈夫か?すぐにできる倒産防止総点検

会計事務所・レガシィのDVD撮りがようやく終わった。

1時間撮りのDVD・・・立て続けに3本はチョットだけきつかったが
終わってしまえば良かったという感想でした。

発売の時期は未定だが・・・

会計事務所の先生はもとより職員の方々、そして経営者に……

少しでも多くの人に聞いてもらいたい。


我が社は大丈夫か?第一巻・倒産の兆候はここでわかる-最終版.jpg

1.日本の中小零細企業の実態
◆中小企業の定義  ◆倒産推移と倒産原因   ◆企業の70%が赤字だと言うことは


2.小規模企業と倒産の危機
◆中小零細企業経営者のリスク要因  ◆会社の設立から終焉まで
◆会社はなぜ倒産したか ◆未必の故意の事例 ◆ある社長が語った・・・倒産原因の9項目
   
3.数字は嘘をつかない
◆マネジメント(経営管理)を検証する ◆経営管理の大切さ  ◆資金繰り計画の見直し
◆金融機関がみる・・・中小零細企業への融資の条件 ◆金融機関は融資先の何をみているか
◆中小零細企業の財務体質と銀行評価 ◆決算書の「B/S」と「P/L」が語るもの


4.倒産には兆しがあった・・・・
◆兆しを読むということは・・・・ ◆大自然の変化からなにを読み取るか
◆小規模企業経営者の身の回りの兆し ◆経営者の心の兆候に周囲の人がどこで気がつくか! 
◆企業経営者のリスク要因・・・・経営危機の兆し

 
我が社は大丈夫か?第二巻・段階別対処法−最終版.jpg

1.日本の中小零細企業の実態
◆中小企業の定義  ◆倒産推移と倒産原因   ◆中小零細企業の財務体質と銀行評価    ◆中小企業のリスク要因 

2.企業経営の健康4原則
◆会社の設立から再生まで。その時の経営者の決断 ◆倒産原因から見る再建の可能性 ◆バブル期以降の年度別開業・廃業企業数
  
3.倒産防止の段階別対処法
◆『草創期』・・・準備不足による危うい経営 ◆『成長期』・・・時流に乗りて時流に流される 
◆『成熟期』・・・過信が生む信用失墜に注意     ◆『停滞期』・・・はトップセールスで切り抜け
◆『衰退期』・・・スクリーニングで会社の実態を知る ◆『苦悩期』・・・機をみて敏なる決断と行動
◆『倒産準備期』・・・それで家族を守れるのか?  ◆機を観て敏なるかな・・・。倒産のプロセス

4.倒産しない経営を続けるには

◆生き残る経営とは・・・デスクローズされた経営  ◆井は邑を改めて 井を改めず。◆粉飾決算をしてはならない  
◆倒産後の社長の債務は膨大 ◆「家訓を守る経営」で倒産しない



我が社は大丈夫か?第三巻・倒産しないための極意−最終版.jpg

 1.日本の中小零細企業の実態
◆中小企業の定義  ◆倒産推移と倒産原因   ◆中小零細企業の財務体質と銀行評価    ◆中小企業のリスク要因 


2.企業経営とは何なのか
◆どのようにして会社を創業したのか?  ◆「おばぁちゃんの貯蓄」と「会社経営」
◆創業から5年以内に廃業したのはなぜ? ◆リスク分散の原則…取引先を偏重(下請け企業) 
◆中小企業と経営者の宿命・・・・そして会社の寿命 ◆経営の随所にあった「倒産分岐点」
  
3.小規模企業の経営管理
◆経営者は「三種の神器」を活用しよう  ◆経営分析(健康診断)は社長の仕事
◆資金繰り計画の作成・見直しを行っているか  ◆スクリーニングからの視点。倒産か?再生か?


4.「ナイ」ことの豊かさに気づく
◆善い倒産をした社長はどんな人? ◆連帯保証人は親族の崩壊。知らなかったでは済まない
◆倒産しないための極意・・・家族と会社を守るために!  ◆家訓を守る経営者


5.参考資料(各種チェックリスト)


◇risk counselor◇リスク・カウンセラー◇risk counseling◇リスク・カウンセリング◇
=============================================

posted by 寛良 at 22:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【セミナー&講演会】参加録… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

地価下落による路線価評価と時価評価の事例による

◆地価下落による路線価評価と時価評価の事例による

本日の『ビジネス会計人クラブ』の分科会は

東京アプレイザルの 不動産鑑定士・芳賀則人氏

アプレイザル.jpg

相続における不動産鑑定は重要であることを
あらためて確認することができました。


金銭納付を困難とする理由書.jpg

第二部では……株式会社国土工営の鈴木伸治氏の講演で

『新物納制度の概要と実務』であった。


国が物納物件を引き受けすぎて国有物件が多くなりすぎ

実勢価格が大きく下落している昨今

当分の間、これ以上は引き受けきれない……と言うことのようだ。

不動産は売れる物件にしてから『物納』ということだから

相続人も大変ですね。


◇risk counselor◇リスク・カウンセラー◇risk counseling◇リスク・カウンセリング◇
┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓ ★┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛★
posted by 寛良 at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【セミナー&講演会】参加録… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

牧友会で坂本光司氏の講演『日本で一番大切にしたい会社』に感涙が……

◆牧友会で坂本光司氏の講演『日本で一番大切にしたい会社』に感涙が……


RIMG0093-04.jpg

毎年恒例の合同会計事務所の『牧友会』の総会に参加してきました。

合同会計事務所の隅内道三社長の研修講演は

『今どきの経済と税制のツボ』でした。

今後の注目点は……

・共通番号制の導入
・歳入庁の設置
・給付付き税額控除導入
・消費税率(7〜12%)
・法人税の引き下げ

と言う提言でした。

RIMG0097-04.jpg


引き続き……牧内操会長の講演

『八十歳にしてわかること』


・人生棺をを覆いて定まる

・諸悪莫昨 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教

・尽十方界真実人体

書き留めておきたい心に響く言葉が残っています。



RIMG0100-04.jpg

法政大学大学院 政策創造研究科 教授 坂本光司教授の講演は

『日本でいちばん大切にしたい会社』でした。


5歳で脳性小児麻痺が発症し……23歳でなくなった妹のことが頭に浮かび

ひたすら流れる涙を拭きながらの聴講でした。

RIMG0103-04.jpg



◇risk counselor◇リスク・カウンセラー◇risk counseling◇リスク・カウンセリング◇
posted by 寛良 at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【セミナー&講演会】参加録… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。