2006年08月23日

石川賢治氏の…満月の光で撮影した写真集

「満月」…

満月の光は、太陽光の465000分の1だそうです。
その微弱な光を…光と感じて
生命の営みを続ける草花や生物…

そして…
私たち人類も…
満ちては…欠ける…
月のリズムと共に…
太古の時代から…
宇宙の脈動と…
地球の鼓動を感じ…
満月から降りそそぐ…
緩やかな波長の光に…
時には…
明日へのエネルギーとして…
時には…
永遠の命へとつなぎたいと願いを込める…


先日、
運転中にFM放送で聴いた石川氏の話から…
その日の内に
東京駅の大丸デパート・12階ギャラリーに行き
石川氏の写真集を見てきました。

暗いギャラリーに
やわらかなバックライト照明で見る作品は
幻想的であり…
会場の空気の流れに…
僅かな鼓動を感じる…
癒しの時間を過ごすことができました。


gekkoyoku.jpg

=============================
◆月光浴
◇石川賢治/著・写真
◇小学館
=============================


mangetsunhana.jpg


=============================
◆満月の花
◇石川賢治/著・写真
◇小学館
=============================




○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


posted by 寛良 at 11:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | □【心と身体】が疲れたときの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

【故人の言葉から生き方を学びたいとき】


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



自分が迷っているなと感じたときには…
強い言葉や強い教えに触れたいと思ってしまう。
そんなときは…とにかく本を開いてみることにしています。





(原文より)

 地の巻
兵法之道二天一流と号し、数年鍛練之事、始て書物に顕さむと思、
時寛永二拾年十月上旬之比・九州肥後之地岩戸山に上り、天を拝し、
観音を礼し、佛前に向、生國幡磨(播磨)之武士新免武蔵守藤原玄信、
年つもりて六拾。われ若年之昔より兵法之道に心を懸け、十三歳にして…

★地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、の解説
★空の巻については本来は存在していなかったのではないかと……

五輪書・現代語訳.jpg

==============================
◆五輪書・現代語訳
◇大蔵隆二/訳・校訂
◇草思社
==============================





論語は西洋社会で「聖書」が読み継がれているように、
日本においても「論語」が代々読み継がれています。
「論語読みの論語知らず」という言葉があるように
解釈にはさまざまなとらえ方があるようです。
特に支配者の立場で読み解かれたものが多かったものを
著者は、庶民の側の視点で読み解いた「論語」の解読とした…。

「論語」生き方のヒント.jpg

==============================
◆「論語」生き方のヒント
◇ひろさちや/著
◇日本経済新聞社
==============================





生きる力、前向きに生きる、決断を支える、人を活かす、逆境を超える、
運を活かす、生死に立つ、の七章の分類の中で禅の言葉を解説している。
「正法眼蔵」「般若心経」「良寛書簡」「無門関」などの中から引用した
100の言葉は…心が洗われる思いがする。

禅のことば100.jpg

==============================
◆禅の言葉100
◇武田鏡村/著
◇三修社
==============================





NHK教育テレビ こころの時代〜宗教・人生「歎異抄を語る」のテキスト
テキスト・「はじめに」の一部を抜粋してご紹介します。
 悪世とか乱世とかいわれています。右をみても左をみても、目に入ることは悲惨なことばかりです。耳にすることもおぞましい話はかりです。
 しかし、だからといって、私たちは目と耳を覆って生きていくわけにはいきません。このような現実をしっかりとみつめ、その根元にある人間の虚仮性(嘘)、慢(おごり)というもののありようをみとどけたいと思います。
 私たちが見失いがちな人間の「おごり」が人間を崩壊に導くものであることに気づきたいものです。人間の「おごり」が自然環境を破壊し、社会のしくみをも崩壊させてしまいました。………

歎異抄.jpg

==============================
◆歎異抄
◇山崎龍明/
◇NHKエンタープライズ
==============================





声に出して読んで下さい。
日本語はうつくしい…
日本語は心に優しい…
日本語は細胞が活き活きする…

雨ニモマケズ.jpg

==============================
◆雨ニモマケズ
◇齋藤孝/編
◇集英社
==============================






○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


posted by 寛良 at 20:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | □【心と身体】が疲れたときの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

良寛さんに関する書籍

◆仕事に疲れ…心が疲れ…自分で自分自身をどうしていいのか分からなくなったある日…、小さな古本屋に飛び込み立ち読みしたのが「風の良寛」(中野孝次・著)だった。新潟県出雲崎に生まれた人生を飄々と過ごした生きざまに心を引かれ、何故かとても懐かしささえ感じられるような、心の故郷とも感じられる自分なりの良寛像を抱くようになった。
 自分の家系図をたどると「新潟県出雲崎」の地名が出てくるので、「良寛」さんにまつわる書籍に触れると心が躍ってしまうのは何故なのか……。


=============================================================
◆風の良寛
◇中野孝次・著
◇文芸春秋社
=============================================================


風の良寛.jpg



=============================================================
◆良寛
◇栗田 勇・著
◇春秋社
=============================================================


良寛.jpg



=============================================================
◆逸話でつづる生涯ー良寛
◇アンドウ英男・著
◇すずき出版
=============================================================


逸話でつづる良寛.jpg



=============================================================
◆良寛さまとお茶を
◇谷川敏朗・著
◇考古堂
=============================================================


良寛さまとお茶を.jpg



=============================================================
◆良寛さん一〇〇話
◇松本市壽・著
◇国書刊行会
=============================================================


良寛さん一〇〇話.jpg



=============================================================
◆良寛と子どもたち
◇北川省一・著
◇現代企画室
=============================================================


良寛と子供たち.jpg



=============================================================
◆良寛にまなぶ「無いのゆたかさ」
◇中野孝次・著
◇小学館
=============================================================


良寛に学ぶ「無いのゆたかさ」.jpg



=============================================================
◆良寛を歩く
◇水上 勉・著
◇日本放送出版協会
=============================================================


良寛を歩く.jpg



=============================================================
◆良寛を歩く、一休を歩く
◇水上 勉・著
◇日本放送出版協会
=============================================================



良寛を歩く、一休を歩く.jpg




=============================================================
◆良寛入門
◇栗田 勇・著
◇祥伝社
=============================================================



良寛入門.jpg



=============================================================
◆へたな人生論より 良寛の生きざま
◇松本市寿・著
◇河出書房新社
=============================================================


下手な人生論より・良寛の生き様.jpg



=============================================================
◆良寛事典
◇駒井鵞静・編著
◇雄山閣出版
=============================================================



良寛字典.jpg

=============================================================

posted by 寛良 at 16:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | □【心と身体】が疲れたときの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。