2017年12月01日

お金が貯まらないのには理由がある

===============================================
お金が貯まらないのには理由がある
ファイナンシャルプランナー   山 口 晶 子
===============================================

 皆さんのご相談を伺っていると「贅沢はしていないのに何故かお金が貯まらないのよね」というお声を聞くことがあります。無駄遣いを減らして貯蓄に回したいと誰もが思う事なのですが、それなりの収入はあっても何故かお給料日が近くなる頃になるとお金が無くなってしまう経験をお持ちの方も少なくないと思います。お金と上手に付き合う方法はあるのでしょうか?実は、お金を貯めるにはコツがあるのです。今回は上手にお金を貯める方法についてお話致します。

1.財布には多額のお金を入れない

 突然ですが、千円のお買い物をする事を想像してみて下さい。お財布に5万円入っている時と、2千円の時を思い描いてください。お財布から千円を出すとして、お財布に5万円が入っている時と、2千円しか入っていない時では気分に違いを感じませんか?これはお財布の中にお金がたくさん入っているとその分買い物への抵抗感が少なくなる心理なのです。
 これではお財布にお金がたくさん入っているとついつい無駄遣いしてしまいそうですよね。
 「お財布には最小限のお金しか入れない」これは今すぐできる対策です。

2.銀行口座を「生活費用」と「貯蓄用」に分ける

 生活費は銀行などの預金口座から引き落として使っている方がほとんどだと思います。生活費の余りを貯蓄するとして、この預金口座に貯蓄分が一緒になっている方は注意が必要です。せっかく生活費の余りを貯蓄分として貯められた月があっても、他の月に使ってしまう可能性が高いですね。これでは一向にお金が貯まってくれません。
 また、生活費はあとどれくらい使えるのか、目に見えて残高がわかる状況を作ることが大切です。必要な時に生活費を引き出すのではなく、「毎月一回だけキャッシュにしてその分だけで生活する」のも良いと思います。

 貯蓄用の口座は必ず貯めると意志の固い人やこまめに管理ができる人は良いのですが、持続するのが難しそうです。
 この場合はやはり、給与天引き、口座振替など自動的に振替をして「強制的に貯める仕組みを持つ」のも賢い方法です。

3.「貯蓄用口座」はすぐに出金できない状況にする

 せっかく貯めたお金もすぐにキャッシュにしてしまえる状況ですと、この場合もなかなか貯まってくれませんね。何らかの手続きを踏まないと出金できない、引き出すのには時間がかかるなど、「貯蓄用の口座はすぐに出金できないものを選ぶ」のもお金を貯めるコツなのです。身近なところでは銀行定期預金、長期間引き出しができない個人型確定拠出年金、また長期が得意な貯蓄型の保険などを選ぶと良いでしょう。

 今の生活を苦しめてまでぎりぎりの生活をする必要はありませんが、ちょっとした工夫次第でお金が貯まる家計の体質を作ることはできそうです。一方、なかなか面倒だなとお感じになった方もいらっしゃるかと存じますが、こうして考えるとお金は管理してあげないと貯まってくれないものなのですね。家計の体質改善を考える時間がない方も多いかと存じますが、時にはお金のことについて真剣に向き合い、より豊かな人生を考えてみるもの悪くはないのではありませんか?

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【山口 晶子さん・プロフィール】

山口先生2.jpg

株式会社RKコンサルティング 所属。
日本FP協会会員 AFP。
2013年2014年度MDRT 成績資格会員
神奈川県ファイナンシャルプランナーズ協同組合正会員
ライフプラン、保険、年金相談の他、セミナーでの講師も務める。


================================================

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]