2017年06月01日

お金を上手に運用するには B

===============================================
お金を上手に運用するには B
ファイナンシャルプランナー   山 口 晶 子
================================================

 前々回より引き続き投資のお話を致します。
 日々、皆さまのご相談をお伺いする中で「お金はなかなか貯まらない」「自分に合った運用先が見つからない」といったお悩みをお持ちの方がまだまだ多い事に気が付きます。

 日本では学校で「お金の教育」はされてこなかった背景から、株や債券、投資信託はみな同じに見えてしまい、ご相談をうかがっていると最初の投資先からハイリスクなものをお持ちの方もいらっしゃるのが現実であるのは否めません。

 こうした事態はできるだけ回避したいものです。一体どうすれば良いのかヒントをお伝えしたく、前回は「運用は長期間行う」という考え方をご紹介致しました。
 今回も引き続き基本的な投資術についてお伝えいたします。

【投資先は分散する事が基本的な考え方】

  投資を考える場合は投資先を分散することも基本的な考え方です。

 外貨を使う場合、まずは世界の基軸通貨である米ドルが良いでしょう。そして投資先を分散させるのであれば、豪ドルなどと組み合わせる方法があります。この場合のリスクは為替だけという事になりますから、比較的初歩的な投資術です。

 もう少しリスクを取ってお金に働いてもらうには株や債券にも目を向けてみるのも効果的です。その内訳は基本的な配分があるのをご存知でしょうか?
まずはこの基本に忠実に行っていくことが株や債券投資の第一歩であると私は思います。

 その内訳として、国債(日本、外国)株(日本、外国)その他(リートなど)という内容になります。債券と株は基本的に逆の値動きをするものですから、どちらも持っておけばその平均を取ることになりリスクを回避する賢い対策と言えます。この5つの投資先の配分を全て25%にして始めるのが基礎的な投資の考え方です。

 前々回、前回からの投資術のポイントをまとめると
◆毎月一定額を
◆長期で
◆投資先は分散することを考慮する。
 このような方法が一番理想的だと言えます。
一昔前は毎月コツコツ積立を行い、まとまった額になってから定期預金などに移してお金を殖やす方法がありました。しかし、今は定期預金などの金利を見ると本当にお金がお金の仕事をしてくれるとは言い難いのが現状です。このような今の時代では【お金を貯めながら、運用する(お金を殖やす)】方法が合っているという結論になります。

 このような条件を満たす運用商品を見つけることが賢い選択と言えます。実際に私も色々な方法で投資法を研究する中、この方法が一番安全で効果的であると実感しております。

【手数料や税金にも気を付けて】

 もう一つ、気にしたいところとして、手数料や税金にも配慮したいところですね。
 せっかく殖えたお金を手数料や税金で差し引かれてはもったいないという考えは誰もがお持ちでしょう。手数料はできるだけ抑えたものを選びたいですし、税金はできるだけかからない方法を賢く選択したいですね。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【山口 晶子さん・プロフィール】

山口先生2.jpg


株式会社RKコンサルティング 所属。
日本FP協会会員 AFP。
2013年2014年度MDRT 成績資格会員
神奈川県ファイナンシャルプランナーズ協同組合正会員
ライフプラン、保険、年金相談の他、セミナーでの講師も務める。


================================================


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。