2017年05月01日

空き家相談士

深刻な「空き家問題」の相談窓口として
161-空き家.jpg
空き家相談士
===============
 少子高齢化時代と言われる現代、高齢化率が40%になっている現実を踏まえ「独居老人居住者」が空き家予備軍になろうとしています。
 一年間に20万戸が空き家となって、2020年には全国の空き家は1000万戸になる。それは、全住宅の15%にも昇る異常な状態です。
 相続問題がうまくいかないまま放置されている『空き家』も318万戸にも上る深刻な問題となっています。
 『空き家相談員』は、相続問題の解決と売却、賃貸へ転換、土地活用などのご相談をお受けしています。
 公平中立な立場に立って、測量費用、解体費用などの問題解決のご提案をはじめとする近隣住宅からの苦情解決のお手伝いをいたしております。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック