2017年04月01日

お金を上手に運用するには A

===============================================
お金を上手に運用するには A
ファイナンシャルプランナー   山 口 晶 子
================================================

前回に引き続き投資のお話を致します。昔はまとまったお金は銀行や郵便局の定期預金等に入れて運用ができましたが、今はマイナス金利の影響から銀行にお金を預けてもなかなかお金は殖えてくれないどころかインフレを考えると銀行や郵便局にお金を預けてもかえってお金の価値としては減ってしまう時代に突入してしまいました。

 運用も個人に任される時代となった今、個人で運用する知恵を身に着けることが不可欠となった今、どうすればよいのかのヒントをお伝えしたく、前回はドルコスト平均法を使って毎月一定額をコツコツと投資に回す方法を紹介いたしました。今回も基本的な投資術についてお伝えいたします。

【貯蓄から投資へ。
        投資を考えるなら長期運用が基本的】

 まとまったお金の運用としては高い金利と長期運用が可能なものが断然有利です。こうした条件から考えると長期的に持つことができる金融商品として考えるのであれば「保険が一番効果的」という判断になります。
 しかし何回もお伝えする通りマイナス金利の影響から「円建て」の商品は保険会社が昨年の春以降、各社一斉に商品の販売を停止し、現在は円建ての運用保険商品は存在しなくなってしまった背景から、どうしても円の保険で運用をしたい場合は運用先として現在は個人年金が一部の会社で残っておりますが、それも今年の春あたりには軒並み販売停止になりそうです。
 そういった現状から見ても今の時代は完全に「外貨」や「株や債券」で運用できる保険商品が主流となったと言わざるを得ないでしょう。

【投資は長期運用が基本的な考え方】

 「投資」を考えるにあたっては投資先を分散することも基礎中の基礎としての考え方です。投資先の内訳として具体的なものとして、国債(日本、外国)株(日本、外国)その他(リートなど)という配分になります。
 特に債券と株は基本的に逆の値動きをするものですから、どっちも持っておけばその平均を取ることになりリスクを回避する賢い対策と言えることから、こうした配分が望ましいという考え方になります。

 その配分をどうするかという点についてですが、年齢が若い方ほど、長期の運用が可能ですので、値動きの上がり下がりはあるものの平均を取れることを考えると少しリスクを取っても良いと思います。
 その際の運用配分としてはリスクが低い国債よりも株式に投資配分を多くする。また外貨での運用に目を向けるなど運用リスクが高めでも良いというのが一般的で基本的な考え方です。

 運用は前回お伝えした毎月一定額を投資に充てるだけではなく、「長期運用しその平均増加を期待すること」が2つ目の基本的な考え方になります。運用時間が長期であればあるほど値動きの浮き沈みを均すことが可能であり、かつ運用益も期待できます。

 運用とは一瞬的な利潤を追い求めるものでは決してなく、毎月コツコツ長期に渡って少しずつ増やしていく性格のものです。マイナス金利の時代でもお金との付き合いにおいて「勝ち組」になり得るには投資術を身に着ける事だといっても過言ではないのでしょうか?


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【山口 晶子さん・プロフィール】

山口先生2.jpg

横浜市在住。ファイナンシャル・プランナー(AFP)株式会社RKコンサルティング 所属。 
日本FP協会会員。神奈川県ファイナンシャルプランナーズ協同組合正会員
ライフプラン、保険、年金相談の他、セミナーでの講師も務める。


================================================


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。