2012年01月02日

年末年始は・・・・恒例の「風邪」が発病

年末年始は・・・・恒例の「風邪」が発病


2011年12月24日頃からいつものように軽い風邪の症状が・・・・

葛根湯や咳止めを服用するも・・・・微熱があるかのような感覚のあと

唇の周りには口角炎がプチプチと出始め

ついに大晦日には唇が切れ始めた。

毎年のことながら・・・・

年末になると同じようにこの症状が出るのだ。


そして・・・・

年始の1月4日から・・・・また年末までの360日間は・・・・休暇を取らずに働くことができる。

いつまでこの体力が続くものなのか・・・・年を経る毎に自信がなくなりつつあるのだが・・・・

そんな弱気の心根が病を呼び込んでしまうのかも知れない。




posted by 寛良 at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【健康】が気になった時に… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。