2010年03月04日

世界「二次電池展」で世界初の『風洞発電タワー』を見る

■┓
┗■世界「二次電池展」で……世界初の『風洞発電塔』を見る


RIMG1446-2.jpg   RIMG1449-2.jpg

今日の展示会権額の目的は……
ゼナシステムの「風洞発電タワー」です。

風洞タワー・3.jpg    zena-01のコピー.jpg
▲高さ50メートルの6面体のタワーで風(風速2m)を集めて
タワーと連結した発電タービンを回転させ
それを蓄電しながら電気を利用するというものです。


プロペラ式の風力発電機で低周波公害が話題になっていますが……
低周波騒音の心配はありません

RIMG1454-2.jpg             RIMG1453-2.jpg
▲大きなタワーの中身は空洞です。      ▲タワーで集められた風はタービン室で発電へ…


RIMG1452-2.jpg             RIMG1455-2.jpg
▲発電された電気は蓄電室へ……       ▲強風の時は天井を解放

RIMG1458-2.jpg             RIMG1457.JPG
▲風速2メートルの風を捉える可動窓     ▲窓は広告タワーとしても利用できます


◆WIND TOWER(風洞発電)の特徴と従来型の比較(×風車型発電)
 
@風利用……面で集約圧縮して風洞を通過しして複数のタービンを回転
                   (×羽根の直径分までしか利用できない)

A羽根構造……回転タービンは地下にあるため損傷が少なく交換の頻度が少ない
                   (×常に煽られるため消耗が激しく、定期的に交換が必要)

B落雷……地上には集風塔しかなく、落雷等の被害に遭いにくい
                   (×非常に受けやすく、故障の原因となる)

C保守点検……発電機本体が地下にあるため、気候にも影響されず補修が容易
                   (×高所にあり、作業性が悪く危険)

D効率……複数の発電装置を備えるため、発電量が多い。
                   (×投資金額に対し、発電量が少ない)

E環境への影響……地上に回転する羽根がないため、野鳥の死亡は少ない
                   (×風車羽根に野鳥等が衝突し、死亡する)

F多目的利用……最上階床利用でレストラン・展望台・ヘリポート等に活用可能
                   (×発電以外の目的(多目的)に利用できない)

G外観・色彩……設置環境に合わせた色彩の集風塔を設置できる
                   (×色彩の自由度が低く、一定である)


================================================
================================================


posted by 寛良 at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●【イベント・展示会】見学記… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。