2009年10月24日

アメリカの金融機関の破綻がつづいているというが

◆アメリカの金融機関の破綻がつづいているというが

毎月発行している【RFC+M Report】の9月号【World Now】で紹介しました……

低迷が続くアメリカ経済の中で
失業者が住宅ローンを支払えずに破産している傾向が
まだまだ続くことを示唆していましたが
今日の夕刊を見て……
その現実を目の当たりにして……びっくりしています。

日本ではまだ大きく報道されていませんが
10月23日付けで7つの銀行が倒産したというのだから驚きです。

今年はすでに181社が倒産し
6月末現在で要懸念先の金融機関が416社もあったのだということだから
まだまだこれからも銀行の倒産が続くことは間違いなさそうです。


2000年移行に倒産した米国の銀行】

ところで……日本の金融機関の与信度はどうなのでしょうか……。気になるところです。


そういえば……何年か前に……日本の金融機関に万一のことがあったら

1000万円までは『ペイオフ』によって保護されるということが
大きく取りざたされた次期があったが
かなりの人が……ペイ王の存在を忘れかけているのかも知れません。


日本の金融機関の与信度にも関心を持ち……改めて自分の預貯金の所在を確認しておいた方が良いのではないかと思います。




==================================================


posted by 寛良 at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆【経営のリスク管理】の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。