2009年10月21日

大手企業の倒産と中小企業経営者の自殺

◆大手企業の倒産と中小企業経営者の自殺

JR宝塚線(福知山線)の事故による106人の犠牲者の記事に対して
新聞の「天声人語」欄でとりあげていた……運転者も犠牲者と数えるならば
犠牲者は……107人……とするべきなのか?とあった。

そして、「事故でパートナーを亡くした女性が、1年半後に自殺した。」
ことに触れて……108人目の犠牲者だという考え方も納得できる。


さて……一向に上向きにならない日本経済の中で頑張る中小企業は
リーマンショックでバタバタと大手企業が倒産し、
大手企業を見ると…ようやく経済危機が沈静化したかのような感もあるが

あにはからんや……
中小零細企業にとっては……今が「倒産分岐点」のまっただ中です。

太平洋のはるか遠くの地震によって生まれた大きな波が
ずいぶん時間がたってから日本に津波となって被害をもたらすように
リーマンショックによる大手企業の倒産が……中小零細企業の倒産に繋がり
その中のひとりの経営者が……誰にも相談するすべもなく……
先日、自殺したということを聴かされました。


どこかで会う機会がなかったのかと思うと…痛ましくてなりません。
苦しんでいる本人と会えない限りは……私の思いは…届かない。


売上が10分の1になってしまった友人の会社が倒産し
倒産したその会社の7000万円の借入金の連帯保証人になっていたとはいえ…死ななくてもすんだはず。

なんで…、死んでしまうなんて……。



◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


posted by 寛良 at 12:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■『保証債務』の事例を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。