2009年10月18日

『眼のウロコ』がとれ……決断できた一言

◆『眼のウロコ』がとれ……決断できた一言

中小零細企業の経営者が経営が苦しく

毎月のようにわずかずつだが資金が足りなくなったり

毎年決算の度に……赤字になっている企業

社長の給料を減らしても……それでも赤字。

それではと……いっそのこと社長が給料を取らないようにしてみて

それで、ようやく再三がトントンであるよう企業は、決して少なくありません。

また

資金繰りが足りなくなれば……

社長や家族の預金を取り崩したり、生命保険を解約したりして

金融機関に……資産の部をチョロチョロと偽った決算書を提出して……何とか切り抜けていたりします。


気がついてみれば……金融機関は何処に行っても融資してくれず

高利のノンバンクもぞろぞろと連帯保証人を引っ張り込まなければダメであったり

毎期、毎期……利益が出ていない状態が何期も続き

お給料も取れない状態の企業。

そんな経営者に……ある人が言いました。

あなたのやっていることは
「借金をしてきたお金を商品に貼り付けて納品しているようなものだよ……」

この言葉は……理屈なしに分かりやすい言葉だった。



◇risk counselor◇リスク・カウンセラー◇risk counseling◇リスク・カウンセリング◇
回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回


posted by 寛良 at 23:18| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ◆【経営のリスク管理】の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
本当、現代は資金繰りだけでも大変ですね。
また寄らせてもらいます!
Posted by ペット迷子保険 at 2009年10月27日 06:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。